託児所 看護師

託児所,看護師,























預けて安心・院内託児所

託児所,看護師,

結婚して子供が生まれてからも仕事を続けたい場合、「子供をどこに預けるか?」が大問題になりますよね。
特に大都市圏では保育所不足は深刻で、妊娠前から人気の認可保育園を狙って転居したり育休を早めに切り上げたりといった「保活=保育園活動」をする人が増えているとか。

そのかいむなしく、兄弟を別々の保育園に預けている・・・という人も少なからずいるそうです。その点看護師さんは、一定規模の病院には「院内保育」をしているところが多いので、助かりますよね。

院内保育のメリットは、なんといっても仕事場と同じ敷地内に保育園があること。お昼寝用のお布団・お着替えと、とにかく荷物が多いから何より「近い」のはうれしいです。
逆にデメリットは、上司や同僚の子供と同じ保育園になるので何かと気を使うという点です。



聞きにくいことも看護師求人サイトなら大丈夫!


託児所,看護師,

「院内保育」とは、病院で働く職員のために未就学児を預かる施設のこと。
入室資格は、以前は看護師の子供に限るところが多かったですが、今は医師・一般職員も預けられるところが一般的のようです。ただし、どの病院にもある施設ではなく、預けられる規定もその病院によって様々です。

運営方法は大きく分けて病院の直接雇用で保育士さんが保育にあたる場合と外部業者に委託して運営しているところがあります。
保育施設の規模によって、年齢ごとにクラス分けがあるところも数歳差でまとめて一クラスとしているところもあります。

お子さんを預けるところなので、災害時の避難経路などもチェックできればより安心です。 看護師求人サイトの担当者さんに頼むと、アナタの代わりにいろいろ調べてくれます。

託児所ありの看護師求人を探せる転職サイトランキング

順位 運営会社 サービス詳細 公式サイト

ナース人材バンク ナース人材バンク 年間10万人の転職をサポート
ナース人材バンクの検索機能は都道府県別で使いやすく看護師サイト初心者向けです。 人気求人や高給与ランキングなどコンテンツも充実で、地域専任キャリアコンサルタントがフルサポート。

看護のお仕事 看護のお仕事 CM・広告で知名度上昇中
看護のお仕事は転職支援金の支給が破格の12万円! 地域専任キャリアコンサルタントが院内保育の情報を始め知りたいことをしっかり調べてくれるから、在職中でも転職活動がスムーズ。

ナースフル ナースフル 実績・知名度ナンバーワン
ナースフルはサイトの使いやすさと求人の多さで人気です。 プライバシーマーク取得済みで、情報管理も万全。 サイトに登録すると、人気の好条件求人が豊富な「非公開求人」を閲覧できます。

オススメの看護師転職サイトはコレ!

幼い子供を育てながら仕事をするって、思っているよりずっと大変ですよね。仕事が終わったら保育園に直行。それでも時間ぎりぎりで、保育園の先生には毎回謝ってばかり。。。

「仕事、やめちゃおうかな・・・。」と、心をよぎる時もありますよね。でも、子供に手がかかる期間には限度があります。そこを乗り切れば「仕事辞めなくてよかった。」と思うときが絶対来ます。

「ナース人材バンク」は、そんな頑張るパパさん・ママさんナースの心強いサポーター。「院内保育」が整っている病院をはじめ好条件の求人が目白押しです。

職場の不安や心配事は、経験豊かなキャリアアドバイザーにお任せ。
エリア専任だから地元のレア情報もバッチリです。「ナース人材バンク」で、お子さんもアナタも笑顔になれるお仕事、探しませんか?

看護師と子育てを両立するなら託児所のある勤務先で
託児所のある勤務先は、看護師が仕事と子育てを両立するのに非常に恵まれた環境です。そういった施設がない所へ勤務している人と比較した場合、
まず、朝夕の保育園への送迎の必要がありません。これは非常に大きなメリットです。今や待機児童という言葉があるほど保育園の数は足りていません。
入園できたとしても、自宅や勤務先から遠くて、送迎に時間がかかり大変な思いをしている人は大勢います。その点託児所なら、一緒に通勤ができるので、
送迎に時間を取られることがありません。
また、保育園へ預けるより、自分の近くに子供を預けられます。
子供が体調不良を訴えた場合にもすぐに駆けつけてあげることができ、親子共々安心です。ある程度自立した子に限りますが(母親の顔を見ると甘えて泣いてしまう子もいるため)、
託児所なら仕事の合間に様子を見に行くこともできます。保育園では距離があるため、そうはいきません。
さらに託児所は、仕事が終わるまで必ず預かってもらえる保障があります。
保育園はお迎えの時間が決まっており、延長保育を頼んでも時間の限度があります。さまざまな観点から、
看護師と子育てを両立するなら、託児所のある勤務先を選ぶと、時間を有効に使え、気持ちにもゆとりができます。

看護師の資格を活かす環境、託児所付きの求人の見つけ方

子どもができて看護師の仕事を辞めたものの、将来のことを考えると少しでも貯蓄を増やしておきたいと思いますよね。
しかし、託児所付きの病院は競争率がいというのが現状で、
病院だけにしぼって仕事を探すのは難しいと言えるでしょう。
せっかく資格があり、働く意欲があるのに、そのままにしておくのはとてももったいないことだと思いませんか?
資格を活かして安心して働ける環境を整えることが大切です。育児中の看護師が資格を活かせる場は、病院だけとは限りません。
現在では、さまざまな形で看護の力が求められているので、一般企業での雇用でもそれまでの経験が十分に活かせる場合がたくさんあります。
また、雇用条件が病院よりも良い場合もあります。仕事復帰に向けて、広い視野で柔軟に考え、その中で自分に合った仕事を探すのが良いでしょう。

託児所付きの求人の見つけ方は、一般的にハローワーク・ナースセンター・看護師人材紹介会社という選択肢が考えられます。
ハローワークやナースセンターでの求人は、出ればすぐになくなってしまうものなので、タイミングが必要だと言えるでしょう。
家で悩んでいても問題は解決しないので、まずは出向いて情報収集することが大切です。
その後はこまめに情報をチェックする必要があります。

人材紹介会社を利用すると、自分の希望を伝えると会社が条件にあった求人を探してくれますが、会社の質によっては満足のいく結果が得られない場合もあります。
人材会社に登録する際も、まずは情報を収集し、見極めてから登録すると良いでしょう。託児所付きの求人はとにかく人気が高く、悩んでいても始まりません。
まずは行動し、情報を得ることから始めましょう。

最近では時代の流れなのか、女性でも結婚したからといって、一昔前のように仕事を辞めて家庭に入るという人は、少なくなっているようです。
今の世の中性別に関係なく、一旦仕事を辞めてしまうと、なかなか次の仕事を見つけることは難しく、よほど特殊な資格を持つ仕事や能力の高い人でないと、
スムーズに転職ができるような時代ではなくなってきています。
それでも女性は妊娠、出産ともなれば、どうしても仕事を離れなければならない期間があり、
正社員として働いていても長期にわたって育児休暇をもらえるところは少なく、子供が落ち着いたら元の仕事に復職できるといった恵まれた環境にいる女性は、
数えるくらいしかいないのが現実です。
その点看護師という仕事は非常に恵まれており、ブランクがあっても復職しやすい職種です。
中には月齢の低い赤ちゃんも預かってくれる託児所などが併設された病院などもあり、託児所探しで右往左往しているお母さんにとっては夢のような環境です。
託児所や保育園探しに困り果てている女性は多く、働きたくても子どもを預かってくれる場所がないと諦めている女性も珍しくなく、今の日本の大きな問題とされています。
仕事のできる能力の高い女性は多く、このような問題を解決することが、日本の経済を発展させることにもつながるのです。